簡単ダイエット☆効果的に痩せる方法!〜挫折しないで綺麗に痩せる〜

簡単なダイエットで、効果を感じやすく美しく、しかも挫折しにくい痩せる方法を教えます!
ダイエット挫折、失敗する人は共通して重要なポイントを間違えています。ポイントを抑えれば実は簡単に理想の身体に近づける事ができるんです。

*

アースウォーターサーバー!スポーツジム・モデル愛用


ダイエットに美容に健康
にと考える中で、

どうしても気になるもの。

 

それは「」ですよね。

 

人間のカラダって、

ほとんどが水とミネラルで出来ています。

 

それだけに、ダイエットや健康・美容を考えるうえで、

欠かせない注目すべきなのが、

やっぱり「」なんですよね。

 

そこで私がおススメする水は、

「モデル」や「芸能人」「スポーツ選手」も、

病院でも使われ、エステサロンや、スポーツジム、美容サロンなど、

様々な場所で使われている、評価の高い水「earth water(アースウォーター)

こちらです。↓

アースウォーターサーバー!スポーツジム・モデル愛用

世界で選ばれるウォーターサーバー!情熱の水【アースウォーター】

 

なぜこんなにも色んな場所で使われるのか?

水は水でも、なぜ「アースウォーター」がこんなに人気が出たのか?

気になりますよね。

 

水を買おう、ウォーターサーバー置こうと思ったあなた!

そんなあなたのために、私がおススメする理由を説明しますね♪

アースウォーターサーバーが選ばれるワケ!イオン化ミネラルがスゴイ!

赤ちゃんでも飲める~♪

は、ウォーターサーバーなら今なら当たり前の時代になりました。

 

アースウォーターサーバーも軟水なので、

余裕で大丈夫です♪

 

あと、富士山の「バナジウム」入りのウォーターも、

たくさん出回っていますよね。

 

もちろん、アースウォーターも富士山の美味しいお水で、

「バナジウム」も入っています。

 

ちなみに、「バナジウム」は血糖値を下げると言われています。

成人病や生活習慣病の予防にも効果的と言われています。

それで、すごく人気の水となったんですよね。

 

この辺りはバッチリ♪アースウォーターにもちゃんと入ってます。

 

そ・れ・よ・り・も、

 

当サイトはダイエットのブログです!

 

このサイトのこのページを見てるって事は、

「美容」に注目して水を探しに来ていることでしょう。

 

キレイに痩せるためにも、

「アースウォーター」が超おすすめであるという事を、

私は声を大にして言いたい!

 

なぜなら、美容ダイエットで一番注目すべき「アースウォーター」の魅力!

 

それが「ケイ素」の吸収力です!!

 

ほへ?ケイ素?

 

と、思ったあなた!

 

「ケイ素」をあなどるなかれ!

 

「ケイ素とは」を知れば、

なるほど、それがより吸収されるこの「アースウォーター」がすごい意味が解ります♪

 

ケイ素とは? アースウォーターの魅力

 

ケイ素=シリカは、実は、人間のカラダの様々な場所にふくまれているんです!

 

皮膚に、骨、髪の毛、爪、血管、細胞壁などなど・・

 

ね、美容に関係するところばかりの、

あちこちの場所に「ケイ素」がふくまれているんですよ!

 

じゃ、そこで「ケイ素」=シリカは何をしているのか?

 

それは、肌の保湿であったり、骨や髪の毛、爪などコラーゲンの再生を手伝ってくれてるんです。

 

もうここまで言えばわかりますよね。

 

健康で艶やかな肌、

しなやかで滑らかな髪の毛、

美しい爪などは、

この「ケイ素」=シリカの働きが関係しているってことなんです!

 

ちなみに、美容でよく耳にする、

肌の弾力を保つ「エラスチン」

うるおい成分「ヒアルロン酸」

 

それぞれ単体では、効果は薄いのですが、

この二つを結び付けて肌を美しく丈夫にしてくれるのが、

「ケイ素」=シリカなんですよ♪

 

だから逆にケイ素が足りなくなるとどうなるかというと、

「爪が割れやすくなる」「髪の毛が抜けやすくなる」「皮膚がたるむ」

 

Σ(゚д゚lll)ぎゃぁぁ

 

ほかにも血管にも関係しているから、

動脈硬化の進行」だってありますよ。

 

Σ(゚Д゚lll)NOぉぉっ

 

 

ね、

 

「ケイ素」=シリカって健康に美容に

めちゃくちゃ欠かせないものだって解りますよね!

 

そのケイ素の吸収力がすごいのが、

ダイエットや美容・健康に注目しているなら、

「アースウォーター」の最大の魅力だと言って過言ではないと思います。

 

ケイ素の吸収率がすごい水!アースウォーターの詳細はこちら

 

 

アースウォーターサーバーの イオン化ミネラルがスゴイ理由

ケイ素の吸収率が高い!と「アースウォーター」の魅力だと言いました。

 

水ってどれでも浸透しやすいんじゃないの?

と思ったあなた!

 

そこなんですよ♪

 

水は水でも、

水の中の栄養素、「ケイ素」や「ミネラル」の浸透が、

大事ってことですよね。

 

普通の水の場合は、

実はケイ素やミネラルがあっても吸収されにくいんです。

 

それを吸収されやすくしたのが、

「アースウォーター」の魅力なんです!

 

その吸収されやすくした秘密は、

 

イオン化

 

「イオン化ミネラル」にすることで、

ダイレクトに細胞に吸収されていくんです!!

 

もうひとつ詳しく言うと、

微粒子化したんですね。

そのために今まで粒が大きくて浸透できなかったのが、

カラダのすみずみまで浸透できるようになった!ってことです♪

 

てことは!

 

ミネラルがしっかりと吸収できる!

ケイ素がしっかりと吸収できる!

バナジウムもしっかり吸収できる!

抗酸化作用もしっかりと作動してくれる!

 

抗酸化作用によって毒素をすばやく外に排出してくれて、

デトックス効果も普通の水よりも効果的!

 

さらに水素水を超えた?!というスゴイ効果もあるんです♪

 

フリーラジカルを減らす!水素水を超える?!アースウォーター

水素水も今も人気ですよね。

そんな水素水の魅力の「フリーラジカル」を減らす働き

アースウォーターのイオン化ミネラル水の方が超えてた?!と言われています。

 

フリーラジカルは活性酸素などと同じく、

毒性のある万病の元となる嫌なヤツです。

 

ガンなどの原因のひとつになる怖いヤツでもあります。

 

それを減らしてくれたり、

抗酸化作用で、同じく嫌なヤツ2号の活性酸素も排除してくれます♪

ちなみに、活性酸素はカラダのサビと言われるている、

老化のスピードをコントロールしているカギと言われています。

 

この両方、フリーラジカルも活性酸素も減らしてくれる!

すごく魅力的で嬉しいお水がアースウォーターなんですね。

 

でもって、

イオン化で吸収率が上がったことで、

いろんな効能がアップした!

それがアースウォーターの魅力なんですね。

 

だから、病院にも置かれたり、スポーツジムや、美容サロンなど

さまざまな場所に置かれているんですね。

 

アースウォーターの公式サイトにも、

実際飲んで検査した結果も、しっかり公表されています。

 

それだけに、実績と成果がしっかりとあることが証明されていて、

自信がある水であることが間違いないですね。

 

そこも安心で、信頼できる水であり、会社であるという事ですね。

 

これだけ吸収してくれて、健康にもイイ水。

 

赤ちゃんのミルクに、

ご飯炊くときに、

コーヒーやお茶に、

カップラーメンにも(笑)

 

料理にも使っていけば、

自然とミネラルもケイ素もバナジウムもとれちゃう!

 

普通に食べて飲んで、美しくなって健康になっちゃうという

素晴らしい理想の状態が生まれるってわけですね♪

 

イオン化ミネラル吸収率がすごい水!アースウォーターの公式サイトはこちら

 

今なら「初期費用」「サーバーレンタル料」「配送料」なんと無料0円!

 

アースウォーターは他の水よりも素晴らしく、

健康にも美容にもイイ水だ!ってことは、

もう解ったことだと思います。

 

で、

 

気になるのがお値段であったり、

コストパフォーマンスであったり、

サーバー自体ですよね。

 

サーバーはお湯も出るタイプの使いやすいタイプで、

チャイルドロックもしっかりあります。

 

冷・温、両方で2段階の設定温度も決めれて、

お茶など用も温度でも、ラーメンなどのアツアツ温度も出来るし、

めちゃ冷たい水も、ナチュラルな温度な冷たさもできます。

 

他にも省エネモードもあるし、

で、ウォーターサーバー的にも、

優れています。

 

これがあったら、ポットいらないですね(笑)

 

値段も、今なら「初期費用」も、「レンタルサーバー代」も、「配送料」も無料!!

タダ0円です!

 

なので、初めから「水」代だけで設置できるのも魅力ですね♪

 

アースウォーターの、ウォーターサーバーが気になるなら、

公式サイトに、より詳しく詳細が書かれています。

下記のバナー、もしくは文字から公式サイトへ行けます。

アースウォーターサーバー!スポーツジム・モデル愛用

モデル・芸能人愛用の水【アースウォーター】

 

 

あなたの水選択の参考にしてみてくださいね♪

私おすすめの「水」紹介でした♪

 

公開日:
最終更新日:2016/06/20

↓