簡単ダイエット☆効果的に痩せる方法!〜挫折しないで綺麗に痩せる〜

簡単なダイエットで、効果を感じやすく美しく、しかも挫折しにくい痩せる方法を教えます!
ダイエット挫折、失敗する人は共通して重要なポイントを間違えています。ポイントを抑えれば実は簡単に理想の身体に近づける事ができるんです。

*

梅宮アンナ!しょうゆ麹+甘酒!肌若返り挑戦!

      2016/10/03

4月2日放送!

サタデープラス

 

関ジャニの丸山隆平・小堺一機・

こじるりちゃんがMCを務めている

健康番組!

 

で、

 

麹(こうじ)

 

が紹介されました♪

 

前回、今回紹介された

しょうゆ麹」について、

予想記事、書いちゃいましたが、

果たして予想はあたっているでしょうか?(笑)

梅宮アンナ「しょうゆ麹」で肌若返りに挑戦!サタプラ

 

では、番組見逃したあなた!

見たけど内容、確認したいあなた!

 

のために、

放送を詳しく、シェアしちゃいますね♪

 

ちなみに、しょうゆ麹もいいけれど、

サタプラで人気爆発といえば「酢しょうが」です♪

酢しょうが放送回の詳しくはこちら。

酢しょうが!小堺一機たった10日間で若返り!サタプラ

 

あと、血液サラサラ若返りやダイエット効果に

同じように良いと言われている「氷酢たまねぎ」も放送されました♪

よかったら合わせて読んでみてくださいね♪

▷ サタプラ氷酢たまねぎ若返り!早見優&TKO木下挑戦!

 

 

PR

梅宮アンナ!しょうゆ麹+甘酒!肌若返り挑戦!

 

酢しょうがに次なる健康食材!

「ちょと食べてみたいですよね」
「冷蔵庫にあったらいいな」

 

そのまま料理に掛けるもよし

料理の下味につけるもよし

 

毎日便利に使えて、
血管や肌が若返る!

 

しかも美味しい!

料理の味も美味しくなる!

奇跡のような健康調味料!

それが

しょうゆ麹(こうじ)

 

家庭でカンタンに使える

この「しょうゆ麹(こうじ)」調味料に

驚きの「麹(こうじ)」パワーがあるんです!

 

ドクターいわく

「いろんな生活習慣病が
 
 改善されることが多いんですね」

塩分もコントロールされると」

 

腸内環境を整えてくれて

 便秘解消や、肌荒れ解消にも

 効果があると思います」

作り方は、

健康食材の王様の「麹(こうじ)」に、

しょうゆを加えるだけ!

 

なのに、麹(こうじ)の効果がアップ!!

さらに、

自宅でカンタンにできる

本格麹(こうじ)甘酒の作り方も今回紹介!

 

その、「しょうゆ麹(こうじ)」の驚きのパワーとは?!

 

「麹(こうじ)」ってよく聞くけど、

 使ったことない・・・

という、あなた

本当にもったいないですよ!

梅宮アンナ!しょうゆ麹+甘酒!肌若返り挑戦!

てことで、

本日は麹(こうじ)使ったことがない、

麹(こうじ)初心者の、

梅宮アンナさんが挑戦!

ちょっと味見する梅宮アンナさん

「うん、おいしい」

と、うなずいてました♪

「本当は私より、父の方がいいのかな・・

 と、思うんですけど、

 まぁ父にもちょっと、

 すすめてみてもいいですしね、はい」

塩分の摂り過ぎなパパのために

パパのためにも知っておきたい

家族の命を守る毎日の知恵!

ここで、

アンナさんパパにたくさん食べさせている映像が、

流れました(笑)

この春、あなたも麹(こうじ)生活

始めて見ませんか?

ってことで、

「若返る!肌と血管!

 4月から始める

しょうゆ麹(こうじ)&甘酒生活!」

始まりました♪

PR

しょうゆ麹+甘酒!肌若返り効果とは?

 

そもそも麹(こうじ)は、

日本酒や、しょうゆに使われる、

日本伝統食材

米などに菌などを発酵させた、

いわゆる発酵食品

スーパーでは漬物の近くに置いてある事が

多いですよね。

300円程度と安いです。

保存のために乾燥させた、

板状のもの。

でも、これどうやって使えばいいの?

 

麹(こうじ)の健康パワーを引き出す!

2大アイテムをドクターに教わりました!

 

今回のドクターは

健康と食の関係を研究するスペシャリスト

 

白澤抗加齢医学研究所 所長

医学博士 白澤 卓二ドクター

 

少し前、ブームになった

「塩麹(こうじ)」

が、有名ですが、

それを超える、

この春のおすすめがあるんだそうです♪

 

ドクターいわく

「今人気なのが、

 塩麹(こうじ)なのですが、

 実は、

 しょうゆ麹(こうじ)というのがあって、

 

 しょうゆ麹(こうじ)というのは、

 すごく旨味(うまみ)成分というのもあって、

 なんと、塩麹(こうじ)の

 約10倍も、

 旨味成分があると言われているんですよね」

 

美味しく食べて健康になれる、

麹(こうじ)アイテム!

 

1つ目の麹アイテム!しょうゆこうじ!塩分カット!

一つ目は、

「しょうゆ麹(こうじ)」!

 

これは、スーパに売っている、

乾燥麹(こうじ)に、

しょうゆを混ぜて、

発酵させた調味料。

野菜や、お刺し身などに、

そのままつけてもよし♪

しょうゆや、

塩の代わりに、

料理に使うもよし♪

それでけで、旨味が増して

いつもの料理が、

格段に美味しくなると言うんです♪

 

さらに、

ドクターいわく、

「うまみ成分その、あるので、

 その塩分というよりも、

 うまみがプラスされてくるので、

 使う量が減ってきて、

 塩分も、コントロールされると」

 

ちなみに、塩分濃度を測ってみたところ、

普通の醤油 15.2%

しょうゆ麹 8.5%!

同じ量を使っても、

しょうゆ麹(こうじ)なら、

塩分も半分近くカット出来るんですね!

 

その上、

うまみが強く、

使う量自体が少なくなるため、

さらに、塩分を減らすことが出来るといいます。

まさに、

いいことづくめ♪

おいしくなって、

減塩もできる

 

梅宮アンナ!しょうゆ麹+甘酒!肌若返り挑戦!

「しょうゆ麹(こうじ)」

まずは今回の体験者、

梅宮アンナさんが体験!

スタッフ

麹(こうじ)って料理などに使いますか?

アンナ
「えーうちー使ったことないです」

知ってます?麹(こうじ)って?

「うん、名前は!」(笑)

 

そんな、麹(こうじ)初心者の梅宮アンナさんに、

しょうゆ麹(こうじ)を味見してもらうことに。

「なんか、美味しそうな甘いにおいが・・」

しょうゆ麹(こうじ)初体験は、

豆腐にかけていただきます♪

「おいしいです」

「これでもしょっぱいぐらい!」

次に、サラダにかけて試食

サラダにも、うまみが強いので、

ほんの少しで十分!

「うん!大丈夫!おいしい」

と、グーサイン♪

そこから生活の映像写ってましたが、

春巻きにも掛けてました^^

 

そんな梅宮アンナさん、

自分のことよりも健康に気をつけてほしい人がいます。

 

それは、

最近体調をくずし、

入院した父、梅宮辰夫さん。

 

「ほんとに、お塩が大好きで、

 かばんの中に、

 マイ塩が入ってるってるんで、

 つねにいつもマイ塩かける」

「で、この間ちょっと、

 あのー体調悪くて入院してたんですけど、

 それでも、かばんチェックしたら、

 お塩がカバンの中に入ってたのね」

「没収して持って帰ってきたら、

 次の日またいったら、

 またあったの」

 「ほんとにね、

  言っても言ってもダメなんです

  はい」

 

いつまでも元気でいてほしい、

パパのためにも

ぜひ、しょうゆ麹(こうじ)の知恵マスターしてくださいね!

ってことで、

梅宮アンナさんの

しょうゆ麹(こうじ)生活スタートです!

 

しょうゆ麹の作り方!レシピ

まずは、しょうゆ麹の作り方です。

しょうゆ麹(こうじ)の作り方

◆材料◆

・乾燥麹(こうじ)200g

・濃口しょうゆ 300cc

◆作り方◆

1:板状になった乾燥麹を手でほぐして、ビンに入れます。

2:そこに濃口しょうゆ300cc加えて、よく混ぜます。

3:フタをして、1週間ほど寝かせれば完成♪


 

実は、これに裏ワザがあるんです!

ドクターいわく、

「これが、1晩で完成させる

 方法があるんです」

「それは、

 炊飯ジャーを使う方法なんですね」

1晩で作る「炊飯ジャー」しょうゆ麹レシピ


◆作り方◆

1:炊飯ジャーにお湯(60℃)を入れます。

2:お湯の中に耐熱ビンに入れた「しょうゆ麹(こうじ)」を置きます。

3:フタを開けたまま、フキンをかぶせ、保温状態にします。

4:このまま一晩寝かせます。


 

このポイントは温度!

60℃前後を維持すること。

約8時間で完成しちゃいます♪

 

ちなみに、しょうゆ麹作るのが面倒なら、

アマゾンで「お味噌汁」でおなじみの

マルコメの「しょうゆこうじ」が売られているので、

こういうのを使ってもいいかもですね♪

 

てことで、

これで、早速使ってみましょう♪

しょうゆ麹 合う料理、レシピ

どんな料理にも合いますが、

一番のおすすめは、

 

肉料理!

 

麹(こうじ)には、

肉を柔らかくする働きがあるので、

生姜焼きなら10分ほど

しょうゆ麹(こうじ)を混ぜて漬け込んでから、

焼くのがおすすめ!

美味しくなるのに、

塩分は控えめ!

スタジオで食べ比べたら、

「風味がスゴく違います」

「コクがでますね」

「おいしい!」

「お弁当にいい!」

「味が濃いのに、塩分控えめ?」

そこにいたドクターいわく、

 

「そうなんですよ、

 普通のお醤油より40%も

 塩分が少ない」

「グラムにすると1gぐらい!

 これは、医者としてはすごいおすすめですね」

「そして、味の濃さも、

 実は、しょうゆに比べて2/3の量で、

 十分同じ濃さがでる」

と、話していました!

小堺一機さんも

「こっちの方が味が濃い!」

 

いやぁ、私も食べて知っていますが、

ホント、コクがでて味が濃くて、美味しいです♪

なのに、塩分控えめってのが、

今も不思議でしかたがないです(笑)

さて、次は、

しょうゆ麹(こうじ)の効果について詳しく放送されました。

減塩なのに美味しさアップ!

このしょうゆ麹(こうじ)

実際どんな効果があるのか?

 

しょうゆ麹挑戦!梅宮アンナ!しょうゆ麹の効果とは?

今回チャレンジする一般人は、

30~50代、4人。

いつものように、血管年齢など測定し、

10日間挑戦!

一般のしょうゆ麹(こうじ)生活は、

しょうゆ麹(こうじ)を「カレーうどん」に入れてました!

他にも、

しょうゆ麹(こうじ)とオリーブオイルを混ぜて、

カンタン!ドレッシングに♪

なかなかに、マネしたいと思った使い方でした♪

で、ここで、万おじして登場!

麹(こうじ)アイテム、その2!

 

麹アイテム 甘酒効果! 肌若返り!作り方レシピなど

「カンタン甘酒

 

ドクターいわく

「甘酒は、

 実は江戸時代には、

 飲む点滴という風に言われていた

 ま、疲労回復に、効果があって、

 ビタミンと、ミネラルが豊富なんですね」

実は、この甘酒。

ご家庭で、カンタンに作れるんです♪

作り方は「しょうゆ麹(こうじ)」と、

ほぼ同じ。

麹で甘酒の作り方・レシピ

◆材料◆

・乾燥麹(こうじ) 200g

・お湯 200cc

 
◆作り方◆

1:手でほぐした乾燥麹をビンに入れる。

2:60℃のお湯200ccを、そこへ入れる。

3:しっかり混ぜる

4:1週間、寝かせれば完成♪


 

しょうゆが、お湯になっただけですね♪

カンタンですね!

これも炊飯ジャーの時短テクニック使えます♪

 

これで、「甘酒の素」が完成です!

 

この「甘酒の素」に

「お湯」か、「水」で溶かして飲むんですね。

「素」だけに、薄めるんですね。

これもスタジオで試食!

「おいしい!」

「なつかしい」

1回90ccを、

1日3回、

食間に飲むのがおすすめ!

ただ、あまりたくさん飲み過ぎると、

お腹の調子が崩れることがあるらしい。

なので、量には注意ですね!

ちなみに、

アルコールは、ほぼ0!

これもいいですね♪

ヘルシーなのに栄養満点の甘酒!

 

ですが、どうしても作るのが面倒な方。

砂糖0の甘酒はあっても、

アルコール0はないよな~と悩んでいるなら、

ありますよ♪

 

あのマルコメ味噌でお馴染みのマルコメ製品なので、

安全安心なのは、もちろん!

赤ちゃんも飲めるんです!

砂糖もアルコールも0だし、

麹にもこだわっているからこそできるスゴイ甘酒が!

 

甘酒ダイエットするなら、絶対チェックしておいてほしい甘酒がこちら

amazonと楽天、どちらでも売っているマルコメ「米糀からつくった甘酒」です。

これなら、安心して「甘酒ダイエット」ができるので、とてもおすすめです。

 

麹甘酒をよく飲む人の肌年齢!

 

甘酒パワーで驚きの若さを保つ人たちを発見!

肌年齢-12歳!

奇跡の甘酒村に潜入!

長年の甘酒生活で、

お肌がぷるんぷるんの人たちが、

長野県佐久市にいました!

長寿県の中でも

平均寿命が、0.5歳も長い!

超がつく長生き村。

ここに甘酒に似た伝統食があるそうです。

地元の人に聞くと、

おなっとう」って言葉が?

冬は毎日「おなっとう」が出てくるとか。

さらに村の人に聞くと、

「麹(こうじ)と、お米を混ぜて作ったものです」

「おなっとう」というのは、

麹(こうじ)とお米で作った、

この辺りの伝統食だったんですね。

甘酒とほとんど同じですが、

お米を入れる分、

濃厚で、甘みが強い!

 

佐久市の人たちは、

これを料理やデザートに使い、

長年、食べ続けてきた

まさに、甘酒生活の人たちだったんですね!

豆とおなっとうのデザート

おもちのおなっとうのせ

豚肉とほうれん草のおなっとうなべ

など、どれも美味しそうでした♪

そんな村の人たち。

お肌がキレイ!

 

おなっとう!麹効果の肌年齢!

てことで、

実際どのぐらい若いのか

肌年齢チェック!

54歳→ 43歳! ー11歳!

58歳→ 45歳! ー13歳!

68歳→ 55歳! -13歳!

そこにいた女子会していた5人の

おばちゃんたちの肌年齢平均は、

なんと、ー12歳!
 

おばちゃんたちは口をそろえて、

「麹(こうじ)ね」

と、やっぱり麹(こうじ)恐るべし!

驚異の甘酒パワー!

でも、甘酒ってそんなにカラダにいいの?

甘酒のパワーに詳しい、

大森真帆麻布十番クリニック

内科医 大森 真帆 医師

大森ドクターいわく、

「腸内環境を整えてくれて、

 便秘解消や肌荒れ解消にも

 効果があると思います」

 

甘酒の原料「麹(こうじ)」は、

発酵食品のひとつ。

腸内環境を整え

善玉菌を増やす働きを持っている。

ドクターいわく、

「甘酒は、

 ブドウ糖を多くふくむんですね、

 ですので、

 自然の甘みがとれますので、

 お料理とかにも

 活かして頂いても良いと思います」

 

ご家庭で簡単に作れる

カンタン甘酒!

料理に入れるもよし、

デザートにするもよし、

これはコマ目に使わない手はないですよね♪

麹甘酒を使った料理 レシピ

麹(こうじ)生活中の一般チャレンジャー宅では、

「お砂糖入れるよりも、ヘルシーになるので」

と、砂糖の代わりに甘酒の素を入れて、

ホットケーキを!

 

他にも、

甘酒にゼラチンを加えて冷蔵庫で冷やして、

甘酒プリン!も作ってました♪

さらに、そこへ

きざんだ生姜(しょうが)をのせると、

甘さが引き立つとか♪

酢しょうがでも話した、

しょうがパワーもプラスですね♪

 

そういえば、

「酒粕しょうが粒」というサプリメントもあります。

作るの面倒なら、

こういったサプリメントを使うのも手ですね


生姜商品専門店♪【生姜×酒粕】ダブルで嬉しいサプリメント☆

 

酢しょうが知らないなら

こちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

酢しょうが!小堺一機たった10日間で若返り!サタプラ

 

梅宮アンナ「しょうゆ麹」で肌若返りに挑戦!サタプラ

そして、梅宮アンナさんも

麹(こうじ)生活に、すっかりハマった様子。

麹(こうじ)生活の良さを、

パパ梅宮辰夫さんに教えに行動に出る!

早速、

パパに持って行った

しょうゆ麹(こうじ)と甘酒を

パパ梅宮辰夫さんに食べさせる。

おいしいと食べるけど、

流石、料理にうるさい梅宮辰夫さん、

盛り付けに注意が(笑)

甘酒も

「健康にいい甘酒ッて感じだね」

と、なかなかの反応をみせてました。

さて!

気になる「しょうゆ麹(こうじ)」と甘酒の結果は?!

 

しょうゆ麹+甘酒 肌若返り!結果発表

まずは、

一般チャレンジャーの結果。

「しょうゆ麹(こうじ)」と「甘酒」で、

どれだけ変わったのでしょう?

ってことで、結果発表♪

 

肌年齢結果

◆44歳女性

水分値48歳→ 29歳

油分値35歳→ 29歳

しわ数56歳→ 48歳

特に水分量が大幅にアップ?!

◆32歳女性

血管年齢47歳→ 44歳

今回挑戦した4人の女性

の、

結果平均は

血管年齢 ー2歳

肌年齢
水分値 +2.2歳
油分値 ー0.8歳
しわ数 -8.2歳

という結果に。

酢生姜のように即効性は望めませんが、

長く続けることで、

大きな改善が期待できそうですね♪

麹効果で、悪玉菌をおさえ、善玉菌を増やす!

なかにはこんな人も

50歳の女性

総コレステロール

251→ 177

悪玉コレステロール

148→ 105

悪玉コレステロール値が

なんと基準値内に改善!

やはり、腸内環境に良いんですね♪

 

美味しく食べて

肌や血管年齢が若返る

麹(こうじ)生活!

あなたもチャレンジしてみよう!

ってことで、

スタジオに、

ここで、あれ?梅宮アンナさんの測定は?

と、思っていたら、

「私もともと、肌の状態が良いので」

と。

そりゃそうだ、モデルだし、キレイだもんね^^;

そんなアンナさん。

「お通じに、便秘とかに、とてもいいですね」

と。

速攻はないが、続けることで大きな効果が得れるのが、

今回の麹(こうじ)の良さなんですね。

 

ちなみに、冷蔵庫で1週間程度なら保存OKです。

あと、使い過ぎないことも大事!

お腹を逆にくずしちゃうことにも

なりかねないので、

量には気をつけましょう♪

 

ってことで、

結構予想記事に近かったんじゃないでしょうか?(笑)

梅宮アンナ「しょうゆ麹」で肌若返りに挑戦!サタプラ

 

塩分摂り過ぎちゃってるなら、

ぜひ、使ってみるといいかもです♪

 

あと、血液若返りや美肌効果、ダイエット効果にも!

といえば、「酢しょうが」ですね♪

 

サタプラでブーム沸き起こした「酢しょうが」も

詳しく書いてあるので、

よかったら読んでみてね♪

酢しょうが!小堺一機たった10日間で若返り!サタプラ

 

あと、同じように一大ブームの「酢たまねぎ」の進化版!

「氷酢たまねぎ」もサタプラで紹介されました♪

 

「氷酢たまねぎ」についても、

詳しく記事に書いてあるので、

よかったら読んでみてね♪

▷ サタプラ氷酢たまねぎ若返り!早見優&TKO木下挑戦!

 

 

 - 簡単ダイエット!【普段】, 【ダイエット情報】何でもピックアップ!, 簡単ダイエット!【食事】, 100kg越えなら読んどくチェック記事, 簡単ダイエット!【気になる】

↓