簡単ダイエット☆効果的に痩せる方法!〜挫折しないで綺麗に痩せる〜

簡単なダイエットで、効果を感じやすく美しく、しかも挫折しにくい痩せる方法を教えます!
ダイエット挫折、失敗する人は共通して重要なポイントを間違えています。ポイントを抑えれば実は簡単に理想の身体に近づける事ができるんです。

*

たけしのみんなの家庭の医学20160112 予防歩数

      2016/01/22

今回の、「たけしのみんなの家庭の医学SP」2016年1月12日放送。

面白かったですね!!

 

ダイエットでもウォーキングとの関わりって大きいですよね。

ダイエットでも健康でもウォーキングは良いとは良く聞きます。

 

でも、どれだけ歩けばいいのかっていうのは、確かにあいまい。

 

5分10分でもいいだぁ、20分以上歩かないとだめだぁ、やっぱり1時間は歩きましょうだぁ、色々言われています。

 

それを明確に歩数で検証されたというのが、すごいですね!

 

しかもその検証するのに15年の歳月をかけたってのもすごい!

 

群馬の中之条町の町の保健センターで町全体で行ってるってのもすごい!

 

町全体の5000人対象で15年の研究!!

 

こんな気の遠くなるような壮大な研究なだけに、

医療界で「奇跡の研究」と呼ばれているらしい。

 

ハンパないっすね!

 

でも、その研究を行った青柳先生のおかげで、

1日の歩数と病の発祥の因果関係がわかったそうな!!

 

見逃したっっあなた!

大丈夫です。

 

内容、覚えている限り教えちゃいます♪

 

これはダイエット仲間としてシェアしたいですからね!

ダイエットしながら健康になっちゃぃましょう!

 

PR

 

たけしのみんなの家庭の医学 
 ~10の病が治るウォーキング~

 

日本人の多くが恐怖すると言われている、10の病。

  1. がん
  2. 心疾患
  3. 脳卒中
  4. 糖尿病
  5. 高血圧
  6. 認知症
  7. うつ病
  8. 骨粗しょう症
  9. 骨折
  10. 脂質異常症

これらがウォーキングで予防できちゃうんですよ!

 

スゴくないですかっっ

 

この怖~い10の病。

その発症を抑えちゃうウォーキングというか、

一日歩く歩数が解ったんです!

 

10の病を治すウォーキングの研究

 

この研究には、

群馬県の中之条町の住民の皆さんが協力し、

15年の歳月をかけて、

青柳先生が検証した、

壮大な奇跡の研究なんですね。

 

その研究は町内の5000人に協力してもらい、

そのうちの500名には寝ている間も含めて、

24時間、365日。

15年間、活動量計を付けてもらい、

集計していったという気の遠くなるような研究だったんです。

 

その活動量計は、

・毎日の歩数

・その時の運動量の強弱

 

この二つが解り、データを取れるようになっています。

 

で、

 

今回「たけしのみんなの家庭の医学SP」2016年1月12日放送で紹介されたのは、

 

がん・認知症・高血圧 と、

みんなが不安を覚える代表的病を克服したつわものの、

おじいちゃん、おばあちゃんが紹介されました!

 

認知症予防 ウォーキング歩数は?

 

まず紹介されたのが、

82歳のおばあちゃん。

 

趣味が家庭菜園で野菜作り。

 

この野菜作りで中強度の動きもする中、

ウォーキングでの早歩きなども取り入れた結果、

歩いた歩数は5100歩!

 

そんな82歳のおばあちゃんが、

認知症テストでスラスラ解いちゃいます!

 

結果、20歳以上も若い、59歳相当だと判明!

 

結果 認知症予防 ウォーキング歩数は?

・・・てことで、

認知症予防に必要なのは、

 

早歩きなどの

中強度の動き7.5分以上

歩数5000歩以上

 

がん予防 ウォーキング歩数は?

次に「たけしのみんなの家庭の医学SP」で紹介されたのが、

82歳のおじいちゃん。

 

がんのポリープが出来たことから、

よく体を動かすようになった82歳のおじいちゃん。

今では新たなガンの予兆すら全くなしの健康体に!!

 

このおじいちゃんも、梅畑があって、

梅の剪定という畑仕事がありました。

 

スーパーでは遠い位置に車を止めて必然歩くというワザをみせてました(笑)

 

これはダイエットでもつかうコツですねw

 

あと、ウォーキングで途中早歩きする場面がありました。

 

結果おじいちゃんの歩いた歩数は8113歩。

 

結果 がん予防 ウォーキング歩数は?

 

ガン予防に必要なのは、

 

このおじいちゃんの場合は、

梅の剪定での脚立の上り下りや、

早歩きなどが中強度の動きでした。

 

そんな、

中強度の動き 15分以上

ガン予防に必要歩数 7000歩以上

 

※ちなみに、このウォーキングで効くガンの種類は、

予防可能
・大腸がん
・肺がん
・乳がん
・子宮内膜がん

 

高血圧予防 ウォーキング歩数は?

最後に「たけしのみんなの家庭の医学SP」で紹介されたのが、

82歳のおばあちゃん

高血圧で悩まされていたのが、

今では多少の塩分多めの食事を普通にとれるほどに!

 

そんなおばあちゃん。

洗濯物を1階と2階に干すというワザを見せてくれました。

 

この時びっくりしたのが、

82歳のおばあちゃんが、

手すりも持たずに、さくさく階段あがっていくところ!

 

健康だと、こんな年になっても階段余裕で上り下りできるんですね!

 

 

で、家全体を掃除。

 

んで、ちょっとここからが、先ほどの畑仕事と同じで、

人と違うところですね。

 

15分に一本しか電車が来ないので、

趣味の手品習いに行くのに、

速足で駅まで歩き、

駅から30分かかる教室へいくという。

 

で、おばあちゃんの歩いた歩数は、8255歩

 

結果 高血圧予防 ウォーキング歩数は?

 

このおばあちゃんの中強度の動きは、

駅までの速足、洗濯の階段上り下りですね。

 

で、高血圧予防に必要なのは、

中強度の動き 20分以上

高血圧予防歩数 8000歩以上

 

PR

 

10の病予防 ウォーキング歩数は?

 

ちなみに、最後にまとめてくれていましたが、

たけしのみんなの家庭の医学20160112 予防歩数

 

この10の病予防に効果的とされている、歩数が紹介されてました。

一番イイのは、一日8000歩以上、中強度の動き20分以上しておけば間違いないってことですね。

 

とはいえ、8000歩はキツイ!ですよね。

なので、青柳先生いわく、

 

今より2000歩増やすといい!

2000歩増えるごとに
病の発症リスクが大きく減少する!

 

だそうです。

とりあえず2000歩増やす努力からですね。

 



楽天市場で人気の「万歩計



歩数だけでなく、


運動強度」別に歩数管理ができる!


おすすめ万歩計です☆

 

10の病予防 中強度の動きとは

 

畑仕事とか、そんなのできませんよね(笑)

趣味の人はいいですが、普通は畑なんてもってません^^;

 

スクワットとかそんなのでもいいそうです。

なんでもよくて、種類も問わないし、一日のなかでその分数以上あればOKということみたいです。

 

中強度の動き ウォーキングの早歩きはどのぐらい?

 

ウォーキングで早歩きと言われても、

中強度の動きの早歩きはどれぐらいか?

 

って、悩みますよね。

 

それも答えてくれてました。

 

これもダイエットのウォーキングと同じでした。

「歌は歌えないが、会話が何とかできる速度」

 

歌うたえるぐらいだと、ゆるすぎだし、

会話できないと、きつすぎになる。

 

ちなみに、こぶし一つ分大きく歩くのが、

早歩きのコツらしいです。

 

ダイエットでもしますが、

大股歩きでウォーキングすると、

自然と速度早くなってますよね。

 

早歩きは大股歩きと覚えておけばいいかもですね。

 

 

 

以上、内容的にはこんな感じでした。

 

歩数で明確にどれぐらいがいいかが表されてたのが面白かったです。

別にウォーキングという形でなくとも、

ウィンドウショッピングでも何でもいいので、

丸一日で歩数がそれだけ行けばいいって事だと考えれば、

意外といけるかもですね。

 

それに、この歩数歩くだけでも、

有酸素運動効果もすごいだろうし、

ダイエットと健康と一石二鳥!ですね♪

 

私も気を付けて歩くようにするのと、

中強度の動きを取り入れるように気を付けてみようと思います♪

 

 - 簡単ダイエット!【普段】, 【ダイエット情報】何でもピックアップ!, 簡単ダイエット!【運動】, 簡単ダイエット!【気になる】

↓