簡単ダイエット☆効果的に痩せる方法!〜挫折しないで綺麗に痩せる〜

簡単なダイエットで、効果を感じやすく美しく、しかも挫折しにくい痩せる方法を教えます!
ダイエット挫折、失敗する人は共通して重要なポイントを間違えています。ポイントを抑えれば実は簡単に理想の身体に近づける事ができるんです。

*

ウォーキングダイエット!歩き方と歩数の関係 病気予防

   

今回はウォーキングダイエットについて、

歩き方や、歩数など、詳しくお話ししていこうと思います。

 

温かくなってくると、

カラダを動かしたくなりますね♪

 

そうなると、ダイエットのためにも、

カラダを動かそうと思い、

まずはじめようかと思うのが、

 

ウォーキング

 

であることが、多いと思います。

 

てことで、今回はウォーキングを取り上げてみました♪

PR

 

ウォーキングダイエット!成人三大病も予防できる!

実はウォーキングって軽く考えがちですが、

すごい効果を持っているダイエット方法なんです!

 

とくに、健康にはかなりイイ!!

 

若い人から年寄りまで、

気になる大きな病気。

  1. がん
  2. 心疾患
  3. 脳卒中
  4. 糖尿病
  5. 高血圧
  6. 認知症
  7. うつ病
  8. 骨粗しょう症
  9. 骨折
  10. 脂質異常症

予防にも役立つんですよ!

 

スゴイですよね♪

 

前に「たけしのみんなの家庭の医学」で放送していました。

その時の内容を詳しく前に説明しましたね。

読んでなくて興味ある方はこちらの記事です。

たけしのみんなの家庭の医学20160112 予防歩数

 

この実験で8000歩+強度20分で、

ほぼすべての病気の入り口を防いでくれる、

ウォーキングは予防になることを説明してくれていました。

 

なので、健康+ダイエットとして、

8000歩を目指すのが、

すごく理想的だなと感じます。

 

ウォーキングダイエット!歩数+ 歩き方!

でも、ね。

歩数だけ気にしても、意味がありません。

 

ただ、歩くだけも、意味がありません。

 

やっぱり、歩数は気にしつつ、

それプラス、

 

歩き方

 

が、重要になります。

 

ウォーキングで病気予防の場合 歩き方

 

前の記事

たけしのみんなの家庭の医学20160112 予防歩数

で、お話ししたように、

 

病気予防の場合は、

一日合計で8000歩になればいいので、

 

朝起きてから夜寝るまでの動き全てが歩数に数えられます。

 

その中で坂道上がったり、階段の上り下りや、

早歩きなどが「強度」の運動で、

それも一日の合計で20分あれば、

 

病気の入り口を予防できるってことこになります。

 

病気予防だけならば、

歩き方というよりは、

普段の歩く率を高めることに意味がある感じですね。

 

で、

 

やっぱり気になる「ダイエット」としてのウォーキング

PR

ウォーキングで「ダイエット+健康」両方手に入れる歩き方

ダイエットだけのウォーキングでは、

もったいないので、

 

やっぱり「ダイエット」にもなって、

「病気」も予防したいですよね♪

 

両方を手に入れるための歩き方はどうすればいいでしょう?

 

実は結構カンタンなんですよ♪

 

大またで歩く!

 

です♪

 

え?それだけ?

 

歩き方としてはそれだけです。

なぜなら、大股で歩くことで、

歩く速度が速くなりますよね。

 

自然と早歩きになります。

 

それに大股で歩くことで、

ふくらはぎから足の筋肉が鍛えられます。

 

ダイエット効果が得られます。

そして強度の動きになるので、

病気予防効果も得られます♪

 

両方、手に入っちゃいましたね♪

 

ちなみに、

ダイエット効果を狙うなら

ウォーキングは20分以上まとまって歩くといいです。

 

ダイエットの場合は脂肪燃焼が必要ですからね。

やっぱりまとまった時間、

運動を続けないと脂肪燃焼がしっかりしてくれませんから。

 

ダイエット効果も狙ったウォーキングは、

20分以上歩く+大股であるく。

 

そして、8000歩を狙うため、

普段も座ってばかりいないで、

掃除したり、エレベーターを階段にしたりと、

歩く動作を増やすようにすることを心がければOKです。

 

ウォーキングダイエット 歩数と歩き方の関係まとめ

ちょっと最近よく思う事があるんですね。

 

人間ウォッチングも好きなので、

痩せている人と、太っている人を、

よく観察するのですが、

 

痩せている人の歩き方と、

太っている人の歩き方があること。

 

どう違うと思います?

 

実は見ていると、

当たり前なんですが、

しっかり現れているのが、

 

痩せている人ほど、

歩くスピードが速い。

 

太っている人ほど、

のったりゆっくり歩く。

 

こう、急いでない時でもです

 

痩せている人は、

友達としゃべりながら歩いてる時でさえ、

歩くスピードが速いです。

 

それはある意味、

歩くための筋肉がしっかりついた状態であるとも言えます。

 

太った人でも筋肉がつけば、

早く歩けるようになります。

 

筋肉がつくと足が軽くなるので、

普通に歩いてても、早く歩けます。

 

そう、歩きなれる事がすごく大事なんですよね。

 

そうなると歩く動作がしんどくないから、

よく歩くし、シャキシャキ歩くことで、

脂肪燃焼も健康にも効果的になる。

 

今日からのったりゆっくり歩くのはやめて、

大股歩き、または早歩きというかシャキシャキ歩くようにしてみましょう♪

 

それだけでも、

ダイエット+健康効果バッチリありますよ!

 

 - 簡単ダイエット!【普段】, 【ダイエット情報】何でもピックアップ!, 簡単ダイエット!【運動】, 100kg越えなら読んどくチェック記事, 簡単ダイエット!【気になる】

↓